株式会社くらがね

ブログ

blog

2022/05/18ブログ
スキップフロアで空間の「ちょい足し」を楽しむ


スキップフロアとは「中二階」などさまざまな高さのフロアを設ける間取りのことです。数段ステップをあがったところに、ちょっとした空間を作ることを「小上がり」と呼ぶこともあります。

この空間の「ちょい足し」ができるスキップフロアで、生活にプラスアルファを持たせてみてはいかがでしょうか。


1.スキップフロアで広さを感じさせる

スキップフロアは、床や天井の高さが違う空間で構成されます。高さを変えることで、部屋を区切るため、壁のないひと続きの広い空間を感じることができます。

一般に、壁や廊下で区切られることが多い間取りと比べ、フロアがゆるやかに繋がり、限られた面積を有効活用することができます。


2.スキップフロアで「ちょい足し」空間を

スキップフロアを設けることで、壁ではなく開放的に空間を区切ることが可能になります。完全に独立した空間ではなく、ほどよく一緒に住む方の気配を感じられる「ちょい足し」空間を作ることもおすすめです。独立した書斎までは確保が難しいけれども、ちいさな書斎スペースならスキップフロアで実現が可能です。


3.スキップフロアで「ひとつの役割のための」空間

スキップフロアは完全に独立した部屋でもなく、かといって他の空間と一体でもないある種不思議な空間です。部屋を1つ持つまでではない、間の空間として利用するのもひとつ。その場合は大きな空間ではないので、スキップフロアは何か特定の目的に独立させて使うのもよいでしょう。小さな書斎はもちろんのこと、収納や子供スペースとしたり、寝室とするのもおすすめです。

 

今の計画以上に建物自体のサイズを大きくすることは難しい、でも空間的に広がりをなんとか持たせたい。そうしたときに「スキップフロア」は一つの解決策となるかもしれません。

さらに、そのスキップフロアで何をしたいのか、どういう役割を持たせたいのか。「ちょい足し」空間として考えることで、つくりたいスキップフロアが見えてくるのではないでしょうか。

Category

Archive