株式会社くらがね

ブログ

blog

2022/01/20ブログ
シンプルだけど居心地が良い。木の温もりを感じるリビング


お家の中でも特に長い時間を過ごすことの多いリビング。家族が集まって過ごす場所でもあります。そのため、家族全員がリラックスして過ごせる空間にしたいものですよね。そこで、木の温もりを感じるリビングはいかがでしょうか。シンプルだけど居心地の良い、リビングの事例をご紹介します。


1.天井まで明るい色調の木材に囲まれたリビング


明るい色調で柔らかい木の質感を、床からだけではなく天井からも感じられるリビングです。窓際にはカーテンの代わりに障子がはめこまれ、さりげなく和の趣も取り入れられています。障子を介して入る柔らかい自然光がさらに木の温もりを印象的にしてくれていますね。そんな空間の中心に、落ち着いたトーンのオレンジのソファーが存在感を放ち、リビング全体の印象を引き締めてくれています。木材の色味が統一されていることで、お気に入りの家具が主役のように引き立ちます。


2.シックなカラー畳を取り入れた大人ナチュラルなリビング


明るい色調の木材が使用されている床に対して、ダイニングテーブルとローテーブルに使われている木材のダークブラウンが目をひくこちらのリビング。異なる色味の木材を組み合わせることで、統一感を保ちつつ空間にリズムが生まれています。一見するとカーペットのようにも見えるローテーブル下の黒い床材は、よく見るとカラー畳。自然素材の畳の方がカーペットよりも周りの木材とよく馴染み、木の温もりを強調してくれます。さらに通常の畳と異なり縁がなくすっきりとモダンな印象ですね。カラー畳なら北欧風のリビングにも違和感なく和のテイストを共存させることができます。


3.大きな窓からの自然光と木の温もりが調和した明るいリビング


大きな窓からたっぷりの自然光を浴びられるリビングに憧れませんか? ローテーブルやテレビ台にも床と同じ色調の木材が使われ、他の家具類も色味をおさえたシンプルなリビングでは、自然光に照らされた美しい木目が際立ちます。自然素材の木材と自然光に包まれたリビングで爽やかな朝をむかえれば、家族全員健やかに過ごせそうですね。


木の温もりを感じるリビングは、周りの家具や床材、ときには自然光との調和によってさまざまな楽しみ方ができます。シンプルながら細部にこだわりを詰め込んだリビングに、木の温もりを取り入れてはいかがでしょうか。家族が自然と集まる居心地の良いリビングづくりにぜひ役立ててくださいね。

Category

Archive