株式会社くらがね

ブログ

blog

2022/06/27ブログ
吹き抜けでグッと垢抜ける! 開放感あふれる吹き抜けの間取り

吹き抜けのある家を思い浮かべるとき、開放感があって洗練された雰囲気をイメージされるのではないでしょうか。上下の空間をつなぐ吹き抜けは、縦方向の空間の広がりを生むだけでなく、採光、通風もしやすくしてくれるメリットがあります。魅力的な空間を作りだす吹き抜けの間取りのパターンをご紹介します。


1.吹き抜け×玄関


玄関は家族や来客を迎える非常に重要な場所。そんな玄関を吹き抜けにすると、足を踏み入れた際の視線が上に抜け、視線誘導で玄関を広く優雅に見せることができます。玄関は面積が限られていることが多く、大きな収納を取り入れるとすぐに圧迫感が出てしまいがち。そのため、吹き抜けを取り入れることで、写真のように水平方向のスペースが限られていても広々としたエントランスを演出できます。

2.吹き抜け×リビング階段

マイホームの立地によっては日当たりや通風を確保するのに工夫が必要な場合があるでしょう。そんなとき、吹き抜けであれば上下に大きく窓をとることができ、自然光を多く取り入れて風通しも良くしてくれるので効果的です。なかでも、天井を高くして立体的な空間の広がりを感じさせてくれる吹き抜けリビングがいいでしょう。


吹抜けの高さを強調してくれるリビング階段と組み合わせれば、階段に沿って視線が誘導されるのでより視覚的に開放的になります。写真のように、デザイン性も高いスケルトン階段であれば光を遮らないばかりか、それ自体がアクセントとなってリビングをさらにおしゃれにしてくれます。

3.吹き抜け×リビング

おしゃれで開放的な雰囲気をつくってくれる吹き抜けですが、2階のスペースが狭くなる・冷暖房がききづらくなる、などのデメリットもあります。そこで、吹き抜け部分を小さくつくる、という選択肢はいかがでしょうか。小さな吹抜けなら二階の床面積や熱効率を確保できますし、部分的にでも吹き抜けをつくることで、部屋の奥まった部分にも光を取り入れられます。どんな時間帯でも自然光を感じられる明るいリビングは魅力的ですね。

4.吹き抜け×広いLDK

こちらの吹き抜けは、大きなワンルームのような広いLDKとの組み合わせで程よい開放感と明るさが確保されています。高窓から差し込む自然光がリビング&ダイニングとその奥のキッチンにまで届き、屋内の木材とも調和しています。明るさと温度を感じさせてくれる開放的な空間は自然と家族の会話も弾ませてくれそうです。

 

 

 

吹き抜けは、立地条件などの問題を解決し、憧れのライフスタイルを実現してくれる魅力的な選択肢です。また上下の階層を繋ぐ吹き抜けは、戸建て住宅だからこそ選べる醍醐味とも言えるでしょう。上手に取り入れて、おしゃれで開放的なマイホームをつくりましょう。




Category

Archive