株式会社くらがね

ブログ

blog

2022/03/08ブログ
気持ちのスイッチを入れ替える玄関で充実した1日を


玄関に滞在している時間は1日のうちで考えれば、ごく僅かかもしれません。しかしながら玄関という空間は、「いってきます」と言って出ていく1日の中での明確なスタートラインでもあり、1日を終えて「ただいま」と帰ってきた時先に迎え入れてくるゴールテープのような存在でもあります。玄関という空間を、気持ちをうまく切り替えるスイッチのような空間に。そのためのヒントがたくさん詰まった事例を今回はご紹介いたします。


1.足元採光で空間の広がりを玄関にもたらす


黒と白でシックにスッキリとまとめたエントランス。もしお隣のお家の目線等が気になるけれども、明かりを取り入れたい場合は足元レベルで採光するのもおすすめです。壁を白くすることで窓から入った明かりが広がります。玄関入って正面を壁一面ではなく、窓仕様にして抜け感を出すことで空間の広がりを感じさせることもできます


2.ウォークイン収納のある玄関で気持ち的にも切り替えを


玄関にウォークイン収納という空間を持たせるケースも増えています。これはよくあることかもしれませんが、玄関をあがって一度休んでしまうと、そこから上着やバッグを片付けること自体が少々億劫になることありませんか? 

そんなあなたには、玄関を上がる前に、玄関に併設したウォークイン収納で上着などを片付けてしまいましょう。そこで気持ちもリラックスモードに切り替えて家の中へ。


3.素材の魅力で温かい雰囲気のある玄関


 表情豊かな木材で統一されたエントランス。外出先はどうしてもコンクリートやガラス張りの人工的なものに囲まれることが多い今、このような玄関に一歩入れば無意識に体に入っていた緊張がほぐれていくかもしれません。木材を豊富に使用すると経年による木材の表情の変化や、木材から漂う木の香りなども楽しめます。


玄関で過ごす時間というのはごく僅かかもしれませんが、外部と内部をつなぐ空間であることから気持ちを切り替える大事な空間であったりもします。よく玄関を整えていると良い運気が入ってくるというようなお話もありますがあながち間違ってもいないように思います。

 木材をフルに使用してみたり、部屋にあがる前に外で身につけていたアウターを脱いで収納できる動線にしたり。気持ちのスイッチをうまく切り替えるエントランスづくりを意識してみると、より一層気持ちのいいライフスタイルを送るきっかけとなれるかもしれません。

Category

Archive