株式会社くらがね

ブログ

blog

2022/01/07ブログ
階段デザインでガラリと変わる空間の印象


2階建て以上の住宅で、上下の移動のために必要となるのが階段です。普段は何気なく使用している階段ですが、いろいろな種類やデザインがあります。最近では階段の設置場所も豊富になり、その分だけ選択肢も増えてきています。階段の配置は生活動線に大きく影響し、デザインにこだわることでインテリアの一部としても楽しむことができるので、家づくりにおいてしっかりと考えたいポイントの1つです。そこで今回は、おしゃれな階段の事例についてお伝えしていきます。


1.黒いスチールの手すりが印象的な曲線の美しい階段


玄関ホールのガラスの扉の奥に、曲線の美しい階段がお目見えするこちらの事例。手すりをスチールにすることで、上部の吹き抜けから入る自然光が下の階まで届き、明るいホールが実現していますね。ガラスの扉の黒い枠と階段の手すりの黒が空間を引き締め、まるで美術館のような優雅で静謐な雰囲気が漂っています。デザイン性の高い階段が家の中にあると、その場所が非日常を感じられるお気に入りの場所となっていきそうです。


2.木目を生かした木の階段



玄関入ってすぐのところにあるこちらの階段。踏み板も蹴込み板も全て同じ木で作られています。さらに壁や天井、手すり、梁まで木目で統一され、木の質感を存分に楽しめる空間となっています。素足で階段を一段ずつ登って行くと、木の感触と香りを感じられるので、癒しの場所となっていきそうですね。無垢材は、木目の個性と表情を楽しめるだけでなく、消臭効果やリラックス効果など様々な効果があります。仕事や学校から帰って来て、リラックスしたい時には、やはり木の質感を感じられる空間が理想的なのかもしれませんね。


3.リビングにあるモダンなスケルトン階段


真横から見た時の印象がスタイリッシュなこちらの階段。踏み板とそれを支える骨組みだけでつくられているスケルトン階段が、リビングから上階へ真っ直ぐに伸びています。スケルトン階段は、窓や2階からの光を遮ることなく室内へ通すので、リビングに設置する階段として相性が良いと言えるでしょう。また、機能性だけでなく、木製の踏み板にアイアンの手すりという組み合わせが、デザイン性が高くおしゃれであることも人気の理由です。素敵な階段があるだけで、リビングがワンランクアップした空間となりそうですね。


階段には、空間を縦につなぐ役割だけでなく、様々な魅力があります。空間に個性を加えたり、家族が快適に過ごせる工夫がしてあったりと、階段は家の空間デザイン全体にまで大きく関わる存在になっています。様々な事例を参考にしながら、家族の暮らしにぴったりと合う階段デザインを見つけてみてください。

Category

Archive